. .

ブラインドの掃除方法

カーテンやロールスクリーンは、洗濯機やドライクリーニングを利用する事で簡単に汚れを落とすことが可能です。
ブラインドは一枚一枚を拭き掃除しなければならないという点で、面倒と考えられ家庭での利用には気が進まないという意見も聞かれます。
特に横型の一般的な形のブラインドでは、確かに清掃の手間がかってしまいます。

何枚かのルーバーを挟んで一度に埃を落とす清掃用具の利用や、ふわふわとした材質のブラインド用埃取りを使う方法か一般的ですが、実はこれではほこりを払い落とすことしかできておらず、しっかりと掃除したとは言えない状態です。
できれは、薄めた室内用洗剤などを使って、きちんと拭き掃除を行うことが望ましいとされています。
しかし、柔らかい材質の物は変形の恐れがあるため、ごしごしこすったりすることは危険です。
また、木製のブラインドなついても塗装を傷める恐れがあるため、強く摩擦しないほうが良いのです。
こまめに清掃を行って、汚れがたまらないように心掛けましょう。

最も簡単にブラインドの拭き掃除をする方法は、コットンなどの手袋を利用する方法です。
使用する洗剤はから拭きが不要のものを選択します。
適度に薄めた洗剤を手袋に含ませておき、ルーバーを一枚一枚拭いていきますが、雑巾を使用するよりも手早く掃除を勧めることが可能です。
何より、指を使うことで、羽の両面を一度にしっかり拭き掃除できるところがオススメのポイントです。
洗剤による手荒れが気になる人は、内側にビニールやゴム製の薄い手袋をして二重構造にすることで、影響を防ぐことが簡単にできます。

手袋ではなく、不要になったストッキングを手にかぶせて、同じように使用することもできます。
この場合は、洗剤を使うような本格的な清掃てせはなく、軽く水でしめらせて同じように使うことで、細かい部分の埃や軽い汚れを落とすことができます。
どちらの方法であっても、ぬれたままがどうしても気になるという時は、反対の手にも手袋などをしてから拭き用に使うことができます。
しかし、両手での作業は特に高い部分の掃除には危険を伴うため、充分に注意して行うようにして下さい。

縦型の布製ブラインドは、部分的に取り外して洗濯が可能と言われていますが、一部のみを洗濯してしまうと、部分的に色が違っている状態になってしまうことがあります。
汚れ落ちの関係と素材の色落ちなどが考えられますので、できるかぎり全部を取り外して同時に洗濯する事をオススメします。
あなたのお部屋にぴったりのブラインドが探すなら!横型、縦型、木製など多種にわたる!
お求めのものが見つかるはずです。